2012年11月27日

JAL725便成田ジャカルタ線ファーストクラス搭乗記5!!

ここからはメニューから1つを選択。
【アペタイザー】
新感覚のキャビアオードブル
096.JPG
貝のスプーンで、お上品に頂きます。

他のチョイスは
-フォアグラのフラン シャラン産鴨胸肉のロースト 貴腐ワインと共に
- 天然真鯛の青紫蘇マリネ 有機野菜のサラダ仕立て

【メインディッシュ】
A4黒毛和牛フィレ肉ポルトワインソース
099.JPG

機内食の王道、ステーキ。
なんと、JALのファーストクラスのステーキは焼き加減が選べます。
最近はレアに凝っているので、レアでお願いしました。
101.JPG

確かにレアです。そして、感動したのが、ナイフを落としただけで切れそうな、お肉の柔らかさ。
機内で頂くお肉としては、間違いなく最高クラスです。
100.JPG

自分は洋食を食べるときでも、ごはんが食べたい派なので、ごはんも用意していただきました。
南魚沼産コシヒカリを、機内で炊き上げたものです。
ステーキとご飯の組み合わせも相性いいです。
お肉はお皿のソースのほか、別途用意していただける、石垣の塩(粗めの塩)と一緒に頂いても、
とてもおいしいです。
098.JPG

他のチョイスは
-シャラン産鴨胸肉のコンフィベリーソース
-平目のヴァブール 軽めのマッシュルームクリームソース

ドンペリと一緒に、お決まりのショットです。
自作自演と小刻みな揺れのため、何回やってもうまく撮影できませんでした。
というか、ご飯が用意されているので、早くお酒を終わらせなくては!!
103.JPG

【北海道を中心とした国産チーズトレイ】
079.JPG

メイン後なので、軽めのものを想像していましたが、結構しっかりしたものが用意されていました。
109.JPG

【デザート】
マロンクリームケーキ秋の装い ラズベリーアイスクリーム添え
106.JPG

チーズ、デザートと一緒に撮影していただきました。
107.JPG

和食のメニューはこんな感じです。
077.JPG

もうおなかいっぱい!!
フルーツプレートやチョコレートもお勧めいただきましたが、もう駄目です。
ごちそうさまでした。
動かないので腹減らない、飛行機の中という環境が、恨めしくさえ思えます。
posted by masastamps at 11:29| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

JAL725便成田ジャカルタ線ファーストクラス搭乗記4!!

CAさんのご丁重な挨拶に迎えられて、機内へ。

ジャカルタ線は、米国線と同様、最新の「JAL SUITE」と呼ばれる、半個室型のファーストクラス座席装着機材が使われていましたが、9月の大半は機材繰りで、一世代前のソロシート装着機材があてがわれており、
少し残念。まあ、欧州線でさえ、まだソロシートですから、立派なものですが。

1席のみの独立シートが、窓側縦3席、通路をはさんで中央列縦に3席、同じく通路を挟んで、反対側窓側縦3席の合計9席の配置で、ファーストクラス担当CAさんは3名おられました。

こんな感じの座席です。
s066.jpg

コントローラーやサイドテーブルも余裕の配置。
s069.jpg

壁にも足が全然届きません。
s068.jpg


搭乗早々写真を撮影していたら、「お撮りしましょうか?」ということで、自分の写真を撮影頂きました。
s071.jpg

最後のほうに搭乗しましたが、早速チーフパーサー、続いて担当乗務員の方から、「山本様、いつもご利用頂き有難うございます。また、本日はJALファーストクラスをお選び頂き、誠に有難うございます。」とまたもやご丁重なご挨拶。

まだ、ドアクローズまで若干時間があるということなので、キャビンウェアを勧めていただき、トイレの中で着替えました。服はハンガーに掛けて、預かってもらえます。
9名満席のフライトですが、着替えていたのは、私だけでした。

窓際最前列は、やはり気持ちがいいです。
成田の離陸は毎度の遅延ですが、ゆったり外を眺めながら、離陸前、離陸後の景色を楽しみました。

シートベルトサインが消えると、機内食のメニューが配られます。
さすが、立派なものです。
s073.jpg

機内販売免税商品ダイジェストや出入国カード、簡単なメッセージカードなども添えられています。
s072.jpg

本日は洋食をチョイスします。シャンパンを頂きます。
074.JPG

参考までに、森伊蔵も楽しめます。
076.JPG

シャンパン、まずはサロン1999から。
081.JPG

乾きもののおつまみと一緒に。
083.JPG

続いてドンペリ2003。
086.JPG

こちらも同様に。
087.JPG

そして、洋食メニュー開始。
078.JPG

【アミューズ】
赤ピーマンムースとトマトゼリー、ずわい蟹のサラダ添え。
仔羊背肉のローストと香味野菜のルーラード。
南瓜とチーズのテリーヌ。
090.JPG
ピンボケ、すみません。

テーブル全体はこんな感じです。
092.JPG

JALは、ファーストクラスとビジネスクラスの差が非常に大きいといわれていますが、ここまでで
それを十分実感できます。
posted by masastamps at 17:32| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 搭乗記・乗車記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

JAL725便成田ジャカルタ線ファーストクラス搭乗記3!!

シャワールームを使う際は受付に申し出、空いていればすぐカードキーが渡されます。
ドアにかざして、解錠します。
ブログネタ 041.jpg

シャワーは上部からのほか、設定変更で水圧の強弱は勿論、側面や前方からも水を噴き出させることができます。さくらラウンジのシャワーは利用したことがないので、ファーストラウンジ特別仕様か否かは不明。
ブログネタ 042.jpg

トイレや洗面所、腰掛けるところもあるので、シャワー後は少しゆったりして退室します。
ブログネタ 044.jpgブログネタ 043.jpg

9時半頃となり、この時間は、各便の搭乗案内アナウンスが流れ、外もざわざわしている様子が分かります。

ブログネタ 045.jpg

とは言え、さすがにファーストラウンジは席数に余裕有、シャワー上がりのシャンパンとオードブルを頂きます。午前中から飲酒できるこの幸福感^^。

本館側なので、構内シャトル列車で移動せねばならず、10時過ぎには長時間居座った、いや、滞在したラウンジを後にします。ほろ酔い気分で現実世界に戻り、皆様と一緒にサテライト側へ。
サテライト側にもファーストクラスラウンジがあり、少しだけ滞在しましたが、おまけみたいな感じ(アジア線旅客対象なので致し方ないですが)。やっぱり本館側がいいです!!

ブログネタ 046.jpg

私は「最後に搭乗する派」なので、ゆっくり搭乗。完全満席のようで、「なんとか席を中央席以外にできないか」と地上係員に詰め寄っておられる方もおられました。

搭乗機B777-300
ブログネタ 047.jpg

当然いつもは右側ですが、搭乗客9名のために設えられた、前方の入口より搭乗します。
ブログネタ 048.jpg
posted by masastamps at 19:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 搭乗記・乗車記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。