2012年12月10日

京成電鉄東成田駅(元成田空港駅)を利用!!

京成電鉄本線で成田空港へ向かう場合、京成成田駅-空港第2ビル内駅-終点成田空港駅の駅順ですが、京成成田駅から東成田駅へ行く不思議な枝線が存在します。
現在の空港直下駅は、成田新幹線計画で新幹線を通す予定だったため、1991年まで、現在の空港線は存在せず、京成成田駅の次の駅はここ東成田駅(当時の成田空港駅)だったのです。
空港敷地内(管制塔近く)とはいえ、ここから当時のターミナルビルの北ウィングや南ウィング(現在の空港第1ビル)へは、有料の接続バスで行っていたそうで、本当に面倒なアクセスだったんですね。

地下駅を正面から撮影。現在は左手の改札口と階下のホーム1本のみを使用。右手の改札口部分とそれに続く階下のもう1本のホームは閉鎖されています。
閉鎖部分は、スカイライナー専用コンコース&ホームだった様子。

ブログネタ 005.jpg

改札を入っても、右手閉鎖部分側はずっと壁に覆われています。
商業施設の看板がちらりと見えます。
ブログネタ 010.jpg

現在使用されているホームへ続くエスカレーター。
2本ありますが、1本は蓋をされ、使用されていません。
sブログネタ 011.jpg

階段。
sブログネタ 012.jpg

精算所?跡。1991年から時が止まったままのようです。
sブログネタ 013.jpg

再び改札外の写真です。
多くの旅人を迎えたと思しき日本風の絵画。
一部閉鎖されているとはいえ、だだっ広いコンコースです。
sブログネタ 006.jpg

地上へ続く階段。地上へ出ると、検問→バス乗車だった様子。
スムーズな検問に対するお願いの看板もそのまま残っています。
ブログネタ 008.jpg

博物館動物園駅(ここは残念ながら車窓のみで、下車は不可能)もそうですが、京成の駅って廃止や格下げになっても、イメチェンせず、当時のまま残すのが流儀なんでしょうか?
ブログネタ 007.jpg

他公衆電話の看板などもそのままでした。
sブログネタ 009.jpg

コンコースから下に降りて、ホーム部分。
こちらも結構原形をとどめています。ベンチも古いタイプのものでした。

今は1本のホームを上下線で使用。
成田空港駅当時は、この駅が終点でしたが、今は1駅だけ延伸されています(芝山鉄道)。
sブログネタ 014.jpg

使用されていないもう1本の元スカイライナー専用?ホームはほぼ手を加えられないまま、放置状態。
現ホームからスカイライナー専用ホーム?を望みます。
ブログネタ 016.jpg

駅名表示は「成田空港」のまま。
ブログネタ 015.jpg

iphoneではこれが限界です。
駅の広告も、例えば、東京03-xxx(3桁)-xxxx表記など当時のまま多数残存しています。
ブログネタ 017.jpg
成田行きの列車がやってきたので、乗車し、探検を終了します。

たまたま後で落成した空港第2ビルが、東成田駅から近かったため、長大な地下通路でつながれています。
この駅、通路は主に空港貨物地区内で勤務されている方が利用されています。
sブログネタ 004.jpg

駅とターミナル間歩いて10分弱。
sブログネタ 003.jpg

空港第2ビル側の表示。
sブログネタ 002.jpg

私は空港第2ビル側から東成田駅にアクセスしましたが、検問を逆流する形となるので、検問所の方にお伺いをたてて、この通路へ案内していただく形となります。他、成田空港ターミナル間無料バスでも東成田駅にアクセス可能です。

元成田空港駅の様子がふんだんに伝わってくる点で、非常に貴重な駅だと思います。
また、近く落成する、成田空港LCCターミナルがこの駅に近いという噂もありますので、事実だとすれば、この広い駅、うまく活用できるかもしれません。

余談ですが、閉鎖された成田空港第二郵便局の現在の様子です。
sブログネタ 001.jpg
posted by masastamps at 00:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 搭乗記・乗車記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

奈良市の新薬師寺で500円普通切手の伐折羅大将とご対面!!

12月3日、奈良を訪れた際に、立ち寄りました。
寒さも厳しくなっている時期ですが、日中は温暖でラッキーな日でした。

まずは、興福寺の境内を散策。
sブログネタ 001.jpg
帰宅してから気付いたのですが、昔の300円切手の図案「興福寺仏頭」もまだ見たことがありません。

この周辺や、奈良公園、東大寺や春日大社辺りは平日でも、観光客で賑わっています。
県庁前から、市内循環外回りのバスに乗って、5分ほど、破石町(わりいしまち)で下車、10分ほど歩きます。奈良中心部からさほど離れていないのですが、静かで落ち着いた感じの散策が楽しめます。

途中のお茶屋(喫茶店)さん。丸型ポストが顔をのぞかせています。
sブログネタ 002.jpg

鹿もたくさん。それにしても肥満体型多いな。えさの食べすぎか。
sブログネタ 014.jpg

間違えて他のお寺に入りかけました。気をつけましょう。
sブログネタ 003.jpg

紅葉も綺麗です。
sブログネタ 004.jpg

東門は閉ざされていて、一瞬悪い予感がしましたが、南門から入れます。17時まで。
拝観料600円。
sブログネタ 013.jpg

500円普通切手でおなじみの伐折羅大将とまずは看板でご対面。
sブログネタ 012.jpg

境内はこじんまりとしています。
sブログネタ 005.jpg

こちらの本堂の中に伐折羅大将が。残念ながら写真撮影は禁止。
sブログネタ 006.jpg

本堂の中に大きな薬師如来坐像があり、それを囲むように12体の神将立像があります。
その一つが伐折羅大将なんです。写真はお寺のパンフレットより。
ブログネタ.jpg
写真右端、二本のろうそくの更に右側、後姿だけが分かります。
勿論、直接行くと、正面から拝めます。
像の高さは150センチ程度で、思ったより小さかったです。

この12体の立像はそれぞれ干支の守り神で、伐折羅大将はいぬ年の皆様の守り神です。
うさぎ年の私は、摩虎羅大将が守り神。それぞれの守り神の前で、ろうそくや絵馬の奉納も出来ます。

境内や庭園の様子。
sブログネタ 007.jpgsブログネタ 008.jpgsブログネタ 009.jpgsブログネタ 011.jpg

ビデオでお寺や、お寺にある国宝に関する勉強もできます。
sブログネタ 010.jpg

思ったより小さな特定局、奈良高畑局に寄り、記念品を作成しました。
sブログネタ 015.jpg
posted by masastamps at 17:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

JAL725便成田ジャカルタ線ファーストクラス搭乗記6!!

食事が終わり、感想など聞かれた後、お休みモードへ。
トイレへ行っている間に、ベッドメイキングが終わっていました。
ベッドバージョンは長さも十分。ゆっくり休めそうです。
112.JPG

この路線に限らず、トイレ等で席を立った際でも、戻ってきたら、席周りの整理整頓が行われており、JALのファーストクラスは、やはりさすがだと思います。

サイドテーブル下に収納スペースがあり、寝るとき邪魔なものは、全てここで保管可能です。
電源もあり、スマホなどの充電もOKです。
s111.jpg

実は1時間ほど休んで、和食中心のスナックメニューと森伊蔵を楽しむ目算だったのですが(機内食洋食だったため)、居心地が良かったこと、おいしいお酒を頂いたこと、この日の朝が早かったこと、多くの理由が重なって、目覚めた時はもう着陸寸前(涙)。

慌てて、サイフォンコーヒーをブラックで頂きます。砂時計が終わったら、飲み頃です。
116.JPG

そして、トイレで着替え。
最後はお土産の、JEAN-PAUL HEVINのかわいいチョコレートを頂きました。
CAさんからはフライトの感想を聞かれ、搭乗時と同様、チーフパーサーさん及び担当乗務員の方から丁重な搭乗御礼を言って頂き、飛行機は7時間半の飛行時間を経て、無事ジャカルタに到着しました。
価値のあるフライトでした。
ちなみに、JALアジア線で唯一のジャカルタ線ファーストクラスも3月末で終了です。

降機は真っ先に行えますが、着いた時からいつもの旅行に戻ります。
日本人はインドネシア入国時、有料の到着ビザが必要なため、ブースに並びます。
この日は全日空便の到着と重なり、すごい混雑。
s126.jpg

20年ぐらい前は、インドネシア到着時の入国審査で、でたらめな日付(早い日付)の入国日付印が押印され、出国時、オーバースティで扱いでトラブルになるケースが頻発したため、念のため日付は確認しましょう。同じく入国日付印が押印されている、出国カードも大切に保管しておきましょう。
s136.jpg

シルバーバード(高級版)、ブルーバード(通常版)タクシーはぼったくりもなく、安心ですが、国際線到着ターミナルからはすごい行列。白タクからかなり声を掛けられましたが、ひたすら待ちました。
s130.jpg

夕方到着のため、乗ったら乗ったですごい渋滞。ジャカルタ中心部まで1時間以上。
s117.jpg

この日1泊だけお世話になる仏資本、ルメリディアンに到着。
以前外資系ホテルを狙った爆弾テロが発生したため、ジャカルタの外資系ホテルは入口前で検問があり、
さらにタクシー降車後、ホテルに入る際も、更に荷物チェックのあることが多いです。
(外出から戻った際も同様)
s119.jpg
posted by masastamps at 15:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 搭乗記・乗車記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。