2010年09月24日

エアアジア 羽田→クアラルンプール 5000円でゲット!!

9月23日正午から発売、数分出遅れる。
一番のサプライズは日本語の画面が出てきたこと。

いくつかの経験から、PC反応しないかもと思っていましたが、いたって普通にサクサク動きました。

羽田発クアラルンプールをまずチェック。自分の希望は3月。いくつか候補を挙げ、候補の日付を入れると、何と全日OK。5000円プラス税3000円、convienience fee 150円、計8150円ですんなり予約完了。自分が見たときは、3月の運航日殆どで、5000円の席がありました。

帰りは税込み99MYR(3千円程度)からで、羽田発より安いのですが、設定も少ないと見え、見つけても、画面を切り替えたら、もう売り切れている有様。次はおおよそ450MYRの料金(13000円位)となるので、あわてて買うほどのチケットではなく、購入は断念。

で、片道のみの購入となりました。
運航日 火、木、日 羽田23:45-クアラルンプール6:30

地方在住者からすると、羽田発23時45分の設定はうれしいです。昼間、都内で用事をしたり、移動に使えますから!!

ちなみに復路は
運航日 火、木、日 クアラルンプール14:30-羽田22:30

夜行便でないのは嬉しいんですが、羽田に着いて、もはや移動できない時間帯。
これは痛いです。春頃から2時間繰り上がるようですが。

自分の思い描くプランは以下のような感じでしょうか?
羽田(エアアジア)クアラルンプール(エアアジア)どこか(エアアジア)クアラルンプール
(エアアジア)台北、ソウルなど(ジェットスターなどで)大阪

クアラルンプールはエアアジアのハブなので、乗り継いでどこか行ってみたいです。
「どこか」をスリランカにして、帰りを台北経由にすると、飛行機代総合計4万5千円くらいです。
燃油サーチャージ、出国税込みなので、そこそこ安いと思います。

(気づいたこと)
*エアアジアは預入手荷物、座席指定、機内食全て有料で、予約時聞いてきますが、「分からない」場合は飛ばしてOK。後でちゃんと追加できます。逆に支払いを済ませて、安いオプションに変更やオプション取り消しはできません。(と思う)

*hot seatと呼ばれる足元が広い席の座席指定は3000円。高いです。
でも、そこそこ埋まっていて、中距離フライトのため、自分も予約&指定。
計11,150円に(プラス預入手荷物費用)。
>他の座席は指定不可、エアアジア側が勝手に指定する仕組みです。
>チェックインカウンターである程度の融通はきくと思いますが。

上の文、後日訂正。通常席は数百円で座席指定できるようです。多分自分の見間違い。

*預入手荷物は15キロまで1500円。評判悪いですが、30キロ預けても事前予約で40
00円なので、出稼ぎ族には有り難いです。他社ではエコノミーだと20キロまでは無料です
が、それ以上は超過1キロで約3000円取られますから。

*余裕があると思われた「5000円枠」ですが、14時ごろ見たときは、全て14000円
以上になっていました。推測ですが、枠が埋まったからではなく、一律に料金を引き上げた
印象です。

過去の例から見て、この航空会社はスポットでとんでもない「仕掛け」をするので、また楽しみに
待ちたいと思います。

レガシーキャリア(古くからの航空会社)も外国他社ではなく、LCC(格安航空会社)との戦いに
なりそうで、大変ですね。

 



posted by masastamps at 23:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。