2012年11月24日

JAL725便成田ジャカルタ線ファーストクラス搭乗記4!!

CAさんのご丁重な挨拶に迎えられて、機内へ。

ジャカルタ線は、米国線と同様、最新の「JAL SUITE」と呼ばれる、半個室型のファーストクラス座席装着機材が使われていましたが、9月の大半は機材繰りで、一世代前のソロシート装着機材があてがわれており、
少し残念。まあ、欧州線でさえ、まだソロシートですから、立派なものですが。

1席のみの独立シートが、窓側縦3席、通路をはさんで中央列縦に3席、同じく通路を挟んで、反対側窓側縦3席の合計9席の配置で、ファーストクラス担当CAさんは3名おられました。

こんな感じの座席です。
s066.jpg

コントローラーやサイドテーブルも余裕の配置。
s069.jpg

壁にも足が全然届きません。
s068.jpg


搭乗早々写真を撮影していたら、「お撮りしましょうか?」ということで、自分の写真を撮影頂きました。
s071.jpg

最後のほうに搭乗しましたが、早速チーフパーサー、続いて担当乗務員の方から、「山本様、いつもご利用頂き有難うございます。また、本日はJALファーストクラスをお選び頂き、誠に有難うございます。」とまたもやご丁重なご挨拶。

まだ、ドアクローズまで若干時間があるということなので、キャビンウェアを勧めていただき、トイレの中で着替えました。服はハンガーに掛けて、預かってもらえます。
9名満席のフライトですが、着替えていたのは、私だけでした。

窓際最前列は、やはり気持ちがいいです。
成田の離陸は毎度の遅延ですが、ゆったり外を眺めながら、離陸前、離陸後の景色を楽しみました。

シートベルトサインが消えると、機内食のメニューが配られます。
さすが、立派なものです。
s073.jpg

機内販売免税商品ダイジェストや出入国カード、簡単なメッセージカードなども添えられています。
s072.jpg

本日は洋食をチョイスします。シャンパンを頂きます。
074.JPG

参考までに、森伊蔵も楽しめます。
076.JPG

シャンパン、まずはサロン1999から。
081.JPG

乾きもののおつまみと一緒に。
083.JPG

続いてドンペリ2003。
086.JPG

こちらも同様に。
087.JPG

そして、洋食メニュー開始。
078.JPG

【アミューズ】
赤ピーマンムースとトマトゼリー、ずわい蟹のサラダ添え。
仔羊背肉のローストと香味野菜のルーラード。
南瓜とチーズのテリーヌ。
090.JPG
ピンボケ、すみません。

テーブル全体はこんな感じです。
092.JPG

JALは、ファーストクラスとビジネスクラスの差が非常に大きいといわれていますが、ここまでで
それを十分実感できます。
posted by masastamps at 17:32| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 搭乗記・乗車記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さま。うらやましいですね。ビジネスクラスも雲の上の存在なのに、ファーストクラスとは。これで旅行すれば、疲れも感じないでしょうね。
Posted by shiggy at 2012年11月25日 20:01
shiggy様>マイルで予約できる航空会社なら、テクニックでカバーできます。あとは、ファーストクラスをマイル予約可能な日付でも旅立てる条件(=閑散期或いは1年前に日付が確定できる)を整えることが肝要です。
Posted by masastamps at 2012年11月26日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303658029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。