2012年12月04日

JAL725便成田ジャカルタ線ファーストクラス搭乗記6!!

食事が終わり、感想など聞かれた後、お休みモードへ。
トイレへ行っている間に、ベッドメイキングが終わっていました。
ベッドバージョンは長さも十分。ゆっくり休めそうです。
112.JPG

この路線に限らず、トイレ等で席を立った際でも、戻ってきたら、席周りの整理整頓が行われており、JALのファーストクラスは、やはりさすがだと思います。

サイドテーブル下に収納スペースがあり、寝るとき邪魔なものは、全てここで保管可能です。
電源もあり、スマホなどの充電もOKです。
s111.jpg

実は1時間ほど休んで、和食中心のスナックメニューと森伊蔵を楽しむ目算だったのですが(機内食洋食だったため)、居心地が良かったこと、おいしいお酒を頂いたこと、この日の朝が早かったこと、多くの理由が重なって、目覚めた時はもう着陸寸前(涙)。

慌てて、サイフォンコーヒーをブラックで頂きます。砂時計が終わったら、飲み頃です。
116.JPG

そして、トイレで着替え。
最後はお土産の、JEAN-PAUL HEVINのかわいいチョコレートを頂きました。
CAさんからはフライトの感想を聞かれ、搭乗時と同様、チーフパーサーさん及び担当乗務員の方から丁重な搭乗御礼を言って頂き、飛行機は7時間半の飛行時間を経て、無事ジャカルタに到着しました。
価値のあるフライトでした。
ちなみに、JALアジア線で唯一のジャカルタ線ファーストクラスも3月末で終了です。

降機は真っ先に行えますが、着いた時からいつもの旅行に戻ります。
日本人はインドネシア入国時、有料の到着ビザが必要なため、ブースに並びます。
この日は全日空便の到着と重なり、すごい混雑。
s126.jpg

20年ぐらい前は、インドネシア到着時の入国審査で、でたらめな日付(早い日付)の入国日付印が押印され、出国時、オーバースティで扱いでトラブルになるケースが頻発したため、念のため日付は確認しましょう。同じく入国日付印が押印されている、出国カードも大切に保管しておきましょう。
s136.jpg

シルバーバード(高級版)、ブルーバード(通常版)タクシーはぼったくりもなく、安心ですが、国際線到着ターミナルからはすごい行列。白タクからかなり声を掛けられましたが、ひたすら待ちました。
s130.jpg

夕方到着のため、乗ったら乗ったですごい渋滞。ジャカルタ中心部まで1時間以上。
s117.jpg

この日1泊だけお世話になる仏資本、ルメリディアンに到着。
以前外資系ホテルを狙った爆弾テロが発生したため、ジャカルタの外資系ホテルは入口前で検問があり、
さらにタクシー降車後、ホテルに入る際も、更に荷物チェックのあることが多いです。
(外出から戻った際も同様)
s119.jpg
posted by masastamps at 15:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 搭乗記・乗車記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305183313
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。