2012年10月19日

格安航空会社予約&利用で気付いたこと!!

搭乗体験はまだ1往復&他の予約が数件あるだけで、まだまだ未熟ですが、気付いたことを列挙します。

○予約は早ければ早いほうが良いとされるが、ピーチの場合、空席が多数ある便については、数ヶ月前に買っても、5日前くらいに買っても料金は同じくらい。数日前から、大手航空会社の数日前割引の数割引(分かりにくい表現ですみません)と結構高い料金に跳ね上がる。

○定期的に割引セールを行う場合が多い。メールマガジンに登録しておくと、情報が送信されるので、予定が決まっていても、すぐ予約せず、このセール時期に予約したほうが安く購入できそう。

○片道1円や5円の大型セールは激戦チケットとなるため、事前にログイン→搭乗したい区間と日付を入れておく→売り出し時刻と同時に「検索」ボタンを押すと、比較的とりやすい。
ちなみに、国内線の場合、諸税もかからないので、予定が確定しない場合でも、取り敢えず取っておいて、都合が悪くなった場合は単に放棄すればよいだけ。

○万一便変更やキャンセルを行った場合、オプションの料金は返ってこないので、受託手荷物、座席指定等別料金建てのものは、予約時に申し込むのではなく、確実に搭乗が決まる、数日前に購入したほうが良さそう。
特に座席指定は、混んでいる時期なら早いほうが良いかもしれないが、たいていの場合、席の大体の埋まり具合が分かってからのほうが良いかも。
非常口前や最前列の座席指定料金は少し高いが、快適でお勧め。

○格安航空会社が続々就航しているせいか、週末の国内観光地のホテル価格が上昇している模様。
「平日出発、帰着」の完全平日完結型の旅行が良さそう。
また、中途半端な時刻のフライトを選んだほうが安いし、混雑していない可能性が高い。

○国際線は、エアアジア、ピーチは総額表示。ジェットスターは燃料チャージ別。
総額での比較が必要です。

○こちらもご参照を
http://flyingstampdealer.seesaa.net/article/274890494.html

今日は文章だけで失礼します。
posted by masastamps at 23:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

Expedia2泊以上国内ホテル予約で1泊無料!!

http://www.expedia.co.jp/domestic.aspx
<条件>
*ひとつのメアド(ID)、Cookieで一回利用可能。
*同社の無料メールマガジンを受け取る必要がある。
*2泊以上で1泊分(2泊の場合、半額計算)無料。
*クーポン(コード番号)はメアドを指定した後、即時発行されるが、先着2012名が利用した後の
予約の場合、無効となる。

年末までの、全国内ホテル宿泊に適用され、予約時に支払を完了せねばなりませんが、万一のキャンセル時も(直前でない限り)、代金が全額戻ってくるプランがほとんどなので、早速JAPEX時のホテルを予約しました。

<手配内容>
11月8日から2泊 ホテルメトロポリタン東京(池袋)シングルルーム
8日9050円、9日9800円、税サ1泊あたり1461円、今回の割引9425円
支払は2泊で12347円。

11月10日から2泊 同
10日12050円、11日7550円、税サ1泊あたり1520円、今回の割引9800円
支払は2泊で12839円。

12日チェックアウト後は、エアアジアジャパン5円チケットで沖縄へ行きます。

同社の価格は単体で予約すると、多少高い感じがしますが、このようなキャンペーンと組み合わせると、
お得です。まだ間に合いそうな感じなので、国内で2泊以上の宿泊機会があれば、是非どうぞ。
posted by masastamps at 18:20| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

エアアジアジャパンの特売航空券をゲット!!

多くのメディアで報道されている通り、今年はLCC(低価格航空会社)元年。

5月30日(0時)から発売開始されたエアアジアジャパンの国内線5円航空券(片道、別途支払手数料150円)は、他者の特売時の様な、サーバーダウンもなく、あっけなく福岡線、那覇線のフライトをゲットしました。週末を除き、結構席は開放されていたようで、発売後30分くらいはかなりの選択肢があった印象です。
http://www.airasia.com/jp/ja/home.page
東南アジア各都市間のフライトで、数多くエアアジアにお世話になっており、会員登録済→予めログインしておき、希望搭乗区間、日時を入れた状態にしておく→0時丁度に「検索」ボタンを押して、即予約と同社の予約システムに慣熟していたことも、大きな要素だったと思います。
羽田クアラルンプール5千円キャンペーンでもお世話になりましたし、ご縁があります。
http://flyingstampdealer.seesaa.net/article/163660512.html

国際線のLCCのフライトは、大手も同一料金くらいで提供している場合が多いのですが、往復前提で融通が効かない事と、高額の燃油サーチャージが難点です。LCCは最初からサーチャージ込の値段である場合が多いです
(ジェットスター国際線等は除く)。でも、こちらはこちらで、荷物預けや座席選択が有料になります。

このようなスポットキャンペーンのほかにも、結構色々あります。
こちらは、同じくLCCのジェットスタージャパンのサイト。
http://www.jetstar.com/jp/ja/special-offers
大体格安セール対象フライトは、とんでもなく先の日のフライトであることが多いのですが、その中でも最も先の、かつ平日が取りやすいです。関西成田線の2490円のフライトなんかも比較的空いています。1日2往復の日が多く、1往復はとんでもない早朝ですが、JAPEXの前後などは週末を含めて空席がありました。
このようなイベント時は、搭乗日が決まりやすいので、早めに予定が立てられます。

あとは、国際線乗継時で、大阪-成田のフライトが含まれない国際線航空券を購入した場合、成田までの足が非常に高額だったため、その意味でも助かります。LCCで、支払額払い戻し以外の、欠航や遅延の保証は一切ないため、時間に余裕を持って、万一の場合には他社や新幹線を利用する覚悟は必要です。

LCCの場合は、たいていキャンセル不可(自分都合の場合、取り消しても一切払い戻しなし)ですが、利用する可能性が極めて高い場合、3000円くらいまでの料金なら、万一捨てても、それほど気になる金額ではないと思います。先の5円チケットは、スケジュールに確信が持てない部分があったので、この部分は2日続きで同一区間便を予約購入、使わない部分は放棄します。

ちなみに、先のバス事故のイメージもあり、LCC→安い→危険という意見もありますが、航空機は全てで最も安全な乗り物であり、全ての搭乗客をものすごい格安料金で乗せているわけではありません(ここ重要)。間際で買うと、大手より数割は安いですが、結構な金額です。
posted by masastamps at 16:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。