2010年08月21日

カシコン銀行

先にも触れましたが、当方が国際展参加時、海外銀行に口座を作ったほうが良い理由は主に3点。
1.日々の売上をすぐATMから預入できて、安全に資金の管理ができる。
2.切手展終了後大量の小銭や小額紙幣にまみれるが、一切合切預入可能。
3.口座から日本へそのまま簡単に送金可能。「現金」での日本送金(振込)はここでも日本同様取扱いが厳しい。

タイでの銀行口座開設は一般的にはタイでの居住者に限られ、外国人の場合、労働許可証、長期ビザの提示が必要なのですが、ここカシコン銀行(タイ農民銀行)に限っては、非居住者でも開設が可能なようです。
ただ、当方利用支店に限った処置なのか、全支店で共通の処置なのか分かりません。

カシコン銀行はタイメガバンクの一つで、「Kexcellence」の緑色の目立つ看板が目印。バンコク中心部にならそこかしこにあります。

入口で口座開設を申し入れ(要パスポート)、自分の順番がきたら、申込書に必要事項を記入、最初に500バーツ以上の入金が必要です。
タイ知人の住所、名前、電話番号が必要なこともあるようです。

数分で通帳が出来上がります。

ブログネタ 297.jpg

インターネットからの取引も可能ですが、別に申し込みが必要。申し込みから必要書類(仮パスワードなどを記載)受領まで数日かかります。
インターネットからだと、日本からでも口座詳細が確認できます。

ブログネタ 296.jpg

キャッシュカードは要300バーツの発行手数料。カードと仮パスワードが渡されるので、すぐにATMでパスワードを変更します。
VISAデビットカードの機能もついています。タイバーツから日本円現金の両替率は非常に悪いので、口座にタイバーツを残したまま、日本でこのカードを使っても(電信レートでバーツ換算して口座から引き落とし)良さそうですね。
使った時点で口座から現金が引き落とされるだけで、あとは通常のクレジットカード同様、全世界で利用できます。

ちなみにカシコン銀行ATMは日本語表記も対応。紙幣預入機、通帳記入機は英語かタイ語の表記です。

今日明日は横浜でサマーペックス。暑いですが、快晴で気持ちいいです。
終了後、中華街で食事。角煮丼と生ビール。両方で1220円。

ブログネタ 295.jpg

今日はチューブのコンサートで、会場近くのホテルの部屋高く、新横浜まで移動です。
posted by masastamps at 19:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

旅に出る前のちょっとしたチェック

自分はいわゆる「ツアー」形態の旅はせず、航空券とホテルを別々に自身で手配し、出かけるパターンが大半です。
通常の出張の場合は、出発の1カ月から2週間前、国内外の切手展等、大事な用件の場合は、半年から3カ月前に諸々の手配を行います。
昨今はインターネットで航空券やホテルの手配ができ、非常に便利。
手配が完了すると、ホッとした気持ちになります。

しかーし、直前になって自分の宿泊するホテルの料金を再度調べなおす癖をつけています。理由は簡単で、直前になっても、部屋が埋まらない場合は、ホテル側も料金を下げてくるため、得することがあるからです。
国内外とも、航空券とは違い、ホテルはネット予約の場合、宿泊数日前からしかキャンセル料の対象にならないことが大半で、新しい予約を作る(元予約と部屋のタイプや条件が違わないことをよく確認する)→元予約を確実に落とすで簡単にネット上で操作が完結します。

昨年の切手展時の香港、東京ですら直前で値段を下げてくるパターンが多く、やはり昨今の経済状況を反映していると思います。
で、今日は来週の中国出張時のホテルを再チェック。思惑通りで、6泊で700元位(1万円弱)安くなっていました。大きいです。
posted by masastamps at 20:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

出張比較<飛行機と新幹線>

先ほど大阪の自宅に戻りました。
雨を心配していましたが、ギリギリセーフで何とか濡れずに自宅まで戻りました。
昨日の日記通り、上京の際は大きく新幹線と飛行機、2つの選択があるのですが、

東阪間移動→飛行機の良し悪し
○マイルがたまる。ちなみにJAL、ANA共ダブルマイルキャンペーン実施中。また、来年度上級会員認定のためには、東阪間利用でもコツコツと実績を作るのが大事(上級会員になれば、たとえば国際線エコノミーチケットでビジネスクラスに乗れるアップグレードポイントが実績に応じてもらえる)。
○空港に早く着いても、ラウンジで仕事やネット、書類整理が行える。
○往復ツアー形態なら、かなり安い。東阪間だと片道1万円くらい。
復路は、予定が立たないことが多く、無理やり決めなければならないのは、辛いところ。
○国際線航空券と絡めて、例えば東京-大阪(途中降機)-外国と旅程を組むと、国内線区間が実質非常に安い事がある。
×航空券のみ購入の場合、以前は特割(前日までに購入)などで、かなり安かったが、じわじわ値上げ傾向+条件の縛りが強くなる。結果新幹線より高額でかつ融通が利かなくなる。新聞の廃止、ANAが飲み物有料化などサービス低下も顕著。変更自由な普通運賃やビジネスきっぷは非常に高額。
×普通席、詰め込みすぎ。
×飛行時間内をはじめ、空港へ行く/空港から町までの/交通機関でネット、書類整理などはほぼ不可能。本を読むくらいしかできない。
×地上移動で出費が必要。更に大阪←→空港までもバス利用があり、時間が正確に読めない。

東阪間移動→新幹線の良し悪し
○自由席なら切符買ってすぐ来る新幹線(のぞみなら15分に一本位)で移動できる。自由席なら、直前で買うので、キャンセル料などのリスクもない。出張の帰りは何時になるか分からないこと多いので、助かる。
○普通席でも結構、座席間隔が広い。
○チケットも飛行機より安め。おまけに大阪市内から東京都区内の乗車券も含まれるので、お得。
○寝る、食べる、読む、雑用等、時間がそこそこあり、車内で集中していろいろできる。ネットができるのも大きい。出張中の移動時間は非常に大事です。
○値段が日や時間によって変動しない。
×早く着いても、ラウンジはおろか喫茶店すら見つけられないことも。
特に東京都区内から東京駅で乗り継ぐ時などは、時間つぶしに困る。
×マイル貯まらず。

数年前までは欧州へ行くことなんかもあって、アップグレード券目当てで、飛行機をせっせと利用していましたが、近場の出張が最近多く、アップグレードの制度も条件が悪くなっています。
僅かですが、安くて、便利で、時間を有効に使える新幹線に今は軍配が上がっています。







posted by masastamps at 18:23| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅のテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。