2011年06月19日

成田国際空港第2ターミナルJALさくらラウンジを利用!!

(おまけ)
高知での昼食は、定番の「土佐料理司」さんへ。高知市中心部、帯屋町商店街のど真ん中にあります。
中国へ行く前日、3月22日訪問。

ブログネタ3 025.jpg

ブログネタ3 021.jpg

いつも(1年に1回くらいですが)の「鰹たたき定食」。1800円。生と一緒で2500円くらい。

ブログネタ3 022.jpg

ブログネタ3 023.jpg

食後のデザート。

ブログネタ3 024.jpg

高知では都合2泊。高知-羽田(バス)-成田-中国という旅程。

手配内容は、特典航空券で、
台北-大阪(往路は昨年使用済)
高知-東京-中国(今回はこの部分を使用)

3月23日午後、空港内の司さんで最後の鰹を頂き、ガラガラの高知発羽田行に搭乗。
リムジンバスで成田空港へ。
羽田も成田も空港内暗く、また心なしかリムジンバスから見る東京の景色も淋しげで、震災の影響を強く感じました。外国人脱出組も一段落した成田空港もひっそりしていました。

成田のさくらラウンジは2年ほど前にリニューアルされたと記憶していますが、利用する機会が少なく、また常時混雑していたため、初めての利用です。羽田国際化の影響+時間帯が夜なので空いていると信じたいですが、ともかくこの時はすいていました。
成田も強く揺れて、影響が広範化していましたが、ラウンジ平常営業、頭が下がります。

ブログネタ3 036.jpg

仰々しい入口。
受付を済ませ、すぐ階段を上がり、ダイニングエリアへ。
ここ、いつもは大混雑のエリアです。

ブログネタ3 031.jpg

いやー、空いています。写真真ん中あたりにサラダバー、ヌードルコーナーがあります。

ブログネタ3 033.jpg

飛行機を眺めながら、まったりとできるバーコーナー。

自分はテーブルに陣取り、がっつきます。
食べ物はセルフで。

ブログネタ3 028.jpg

スープコーナー。

ブログネタ3 027.jpg

パンコーナー。

ブログネタ3 029.jpg

ブログネタ3 030.jpg

ブログネタ3.jpg

以上、ごちそうさまでした!!

階下のラウンジコーナーへ。

ブログネタ3 032.jpg

飛行機見えるベストポジションへ。夕暮れの成田空港、美しかったです。

ブログネタ3 034.jpg

ビールとおつまみ。

ブログネタ3 035.jpg

乗り継ぎ時分に余裕あり、ゆっくり過ごせました。
他、短時間ですが、希望すれば、マッサージサービスもあります。
てか、関空のラウンジとの雲泥の差(涙)。

ブログネタ3 037.jpg

機内食は中国線でもお弁当形態になってしまいました。
お味噌汁もエコノミーでは、紙コップでの提供。
ラウンジで腹ふくらませておいて、正解でした。
posted by masastamps at 20:19| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

漁師料理明神丸で土佐料理を満喫!!

高知での夕食は、高知市中心部、中央公園近くの「漁師料理明神丸」さんへ。
高知在住の知人一押しのお店です。

ブログネタ3 020.jpg

*翌日昼間の撮影

ブログネタ3 018.jpg

3人だけの小グループでしたが、予約の甲斐もあって、階上の個室に通していただけました。
(食事後の撮影で、テーブル上乱れています)

ブログネタ3 011.jpg

青さのりの天ぷら。

ブログネタ3 012.jpg

高知といえば絶対にかつおのたたき。厚みがあり、味が濃く、藁であぶるので風味も満点。
たれたたき(普通の食べ方)の他、塩たたきも最近人気のよう。
塩たたきはゆず酢につけて頂きます。
何れもこちらでは、にんにくスライスやねぎと一緒に頂きます。

ブログネタ3 013.jpg

土佐巻き。巻き寿司にかつおとにんにくがはいったもの。しょうゆにつけて頂きます。

ブログネタ3 014.jpg

ちゃんばら貝。貝の身の先端を爪楊枝にさし、ぐるぐる回して身を取ります(さざえと同じ)。

ブログネタ3 015.jpg

じゃこ天。

ブログネタ3 016.jpg

長次郎貝。付け合せの初物のたけのこも非常に美味でした。

ブログネタ3 017.jpg

うつぼの天ぷら。

好みもありますが、お酒はビールより、地元の日本酒が合うと思います(土佐鶴や司牡丹)。
予算は3人で行って、1人6千円程度でした。

素材もよく、すべて出来立て。
個室で土佐の味覚をひととおり楽しめ、サービスも良かったです。
おかげで会話も弾み、楽しいひと時を過ごせました。


漁師料理 明神丸
住所 高知県 高知市 本町1-1-2
TEL 088-820-6505
posted by masastamps at 10:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

スリランカ料理 ラジャボジュン(Raja Bojun)

コロンボ中心部にある、バイキング形式のスリランカ料理のレストランです。
ラジャボジュンとは皇帝の料理という意味らしい。

ブログネタ3 049.jpg

レストランのある建物に止まっていた車ですが、丸山製作所の方が訪れているという意味ではありません。

ブログネタ3 048.jpg

ビルの階上にあり、エレベーターを降りると、すぐ入口への案内が。

ここへ来ると、ひととおりのスリランカ料理が味わえるというスタンスの観光レストランで、地球の歩き方なんかにも載っていますが、現地富裕層や外国人目当ての高級店。
クーラーもあり、ありがたや。

ブログネタ3 090.jpg

インド洋を見渡せる席を勧められましたが、日差しがまぶしく断念。

正直、この辺の料理は、日本人には慣れていないものも多いのですが、バイキング形式だと、自分の目で料理を見て、好きな料理を好きな量とって、美味しくいただけるので当たりでした。

カレーのお米いろいろ

ブログネタ3 087.jpg

ルーもいろいろ。

ブログネタ3 088.jpg

その中の1種、カニカレー。さらさらのルーです。思ったより辛くなかったです。

ブログネタ3 046.jpg

ブログネタ3 086.jpg

サラダバー。

ブログネタ3 089.jpg

デザートコーナー。

自分が頂いた料理。現地ライオンビールと一緒に。総体的にあっさりしていました。

ブログネタ3 082.jpg

ブログネタ3 084.jpg

クレープの皮の様なものに目玉卵をのせた、ホッパーという料理はとてもポピュラー。
目の前で作ってもらえます。

ブログネタ3 085.jpg

スナック類は、ビールともよく合います。
あと、デザート類もそれなりに頂きました。

お会計は、ビール込日本円換算1人1000円くらいだったようです。

ブログネタ3 083.jpg

レストラン内も良い雰囲気です。

ブログネタ3 047.jpg

お会計後、象さんの前でパチリ。

スリランカ初めての食事がここ、最後の食事もここになりました。
前述の通り有名店ですので、ホテルで聞けば誰でも知っていると思います。
posted by masastamps at 23:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。