2011年02月19日

広島駅ビルASSE「酔心」で牡蠣料理を堪能!!  

夕方、新大阪までの新幹線乗車前、腹が減り、広島駅ビルASSEの2階食堂街をブラブラするも、まだ5時なのに結構な混雑。実はこの駅ビル、ここだけではなく6階にきちんとした?食堂街(価格は2階に比べると高いですが、ゆったりできる環境です)もあり、こちらをウロウロ。

お好み焼きは今回2回食べたので、日本料理店の「酔心」さんへ。
「牡蠣づくし御膳」に悩殺されました(笑)。
体調管理の点で、今季、牡蠣は自粛しており、この広島出張、今季初で牡蠣を頂くことになります。
まあ、出張の時くらいはいいでしょう。

ブログネタ 082.jpg

ちょっと古めの日本料理店という感じですが、内装はなかなか。
仕切りで囲まれたプライベート感あるテーブル席と、1人でもありがたいカウンター席両方あり。

ブログネタ 080.jpg

牡蠣料理いろいろありますが、悩殺された「牡蠣づくし御膳」を注文。2500円。

ブログネタ 071.jpg
ブログネタ 072.jpg

生ビールと生牡蠣、牡蠣の燻製。生牡蠣の鮮度、抜群でした。

ブログネタ 073.jpg

牡蠣フライ。大ぶりの身で熱々。

ブログネタ 074.jpg

牡蠣のバター焼き。同じく大ぶりの身で出来立てです。

ブログネタ 078.jpg
ブログネタ 079.jpg

最後に釜飯。一から作ると時間がかかるのですが、予め時間を見て作って頂け、有り難いです。

注文時、「料理を一気に持ってくるか、順々に持ってくるか」聞いていただけたのは、評価◎。
酒飲みなので、当然後者を選択。
熱いものは熱く、生ものは鮮度の良いもの等とメリハリがあり、素材の良さと相まって、まったりと非常に美味しく料理を頂きました。器のセンスも良かったです。

ちょっと男子には物足りなく、途中で

ブログネタ 076.jpg

小いわしの天ぷら

ブログネタ 077.jpg

牛もつのソテー&広島の辛口地酒「酔心」を頂きました。

ブログネタ 081.jpg

定食も1500円程度から各種楽しめます。
グループ客でも、出張でも、お酒を飲む人もそうでない人も全てが満足できるお店です。

広島では、新幹線口や立町(本店)にもお店があるようで、立町のお店はホテル等にあるグルメクーポンで1割引くらいになるようです。

今回は駅内のお店で、酔っ払ってもすぐ新幹線に乗れるのも◎です。
この内容で5千円強でした。また、お世話になります!!

posted by masastamps at 22:20| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ジャランアロー

クアラルンプールでの食は迷わずジャランアローへ。
目抜き通りのブギッビンタンから近い、屋台が立ち並ぶ通りです。

ブログネタ 034.jpg

クアラルンプールでもノボテルに宿泊。ちょっと古めの印象でしたが、建ってからまだ10年程度しか経過していない模様。メンテが悪いのか?客数に対してエレベーターも少ない印象で、料金と比しても、今ひとつ。でも、ジャランアローへは徒歩10分程度で行ける立地。

ブログネタ 036.jpgブログネタ 037.jpg

B級グルメ屋台が立ち並び、道にまでテーブルや椅子が並んでいます。

マレーシアといったら、何はともあれサテイ(串焼き)。鳥の他、羊や牛肉もあり、要望に応じて、単品、ミックスなどアレンジしてもらえます。

ブログネタ 035.jpg

炭で直火焼き。おいしくないはずがありません。

ブログネタ 038.jpg

値段は10本で10リンギット(280円)、ビールはどこでもマレーシアビール、シンガポールのタイガー、ハイネケンの3種から選ぶことができ、大瓶は14リンギット。

別の日には、タイ料理のお店へ。

ブログネタ 039.jpg

やはり、まずはビールから。

ブログネタ 040.jpg

タイ風スパイシィサラダともち米のセット。10リンギット。
辛いものは大丈夫なほうですが、このサラダは辛すぎて危険。タイ米のもち米(英語でsticky rice)は冷めたほうが美味しく、大好きです。
これとおかず1品で腹持ちします。別の日、持ち帰りで購入。3リンギット。特に持ち帰りの案内はないですが、聞くと柔軟に対応してもらえるのも、屋台の良いところ。

ブログネタ 041.jpg

食後のスイカは無料。

更に別の日(計3回行きました。。)は海鮮料理を賞味。
日本語が少しだけOKな人の良さそうなおじさん。でも会計時は奥さんを呼んで、怖そうな顔をした彼女に支払い。端数の0.5リンギットしっかり切り上げられていたし。。家計もすっかり掌握されているんでしょうね(笑)。

シンガポールと同様、屋台の集まるフードコートがそこかしこにあります。
写真はクアラルンプール有数のショッピングセンター、スンゲイワンプラザの中にあるフードコート。

ブログネタ 043.jpg

スパイシーヌードルを注文。4リンギット。

ブログネタ 042.jpg

ブギィビンタンにある、イスラムレストランの前で売っていたケバブも美味しかったです。

ブログネタ 048.jpg

現地の人によると、ジャランアローの価格は高いそうですが、写真入のメニューが多く(外国では案外少ない)、助かります。
一人でも気兼ねなく利用でき、営業も夜遅くまで。アジアの屋台、本当に便利です。
posted by masastamps at 10:32| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

クアラオレストラン

夜行明けでビエンチャンのホテル到着→夕方まで寝て夕食へ。
ホテルの送迎サービスを使って、ビエンチャン中心部のナンプ広場へ。
所要約5分。

ブログネタ 025.jpg

ナンプ広場は噴水広場。写真は昼間撮影したものですが、夜だったため真っ暗。
目星を付けていたクアラオレストランの場所を送迎の運転手に聞くと、レストラン前まで案内してもらえました。徒歩2分ほど。

ブログネタ 010.jpg

外観。夜6時入店でまだガラガラ。舞踊ステージ近くの席はほとんど予約席となっていました。
ステージ近くの席を勧められましたが、人口密度高くなりそうだったので、敢えて離れた席に。

ブログネタ 002.jpg

店内。夜7時過ぎには全席数の3分の2くらいのお客さんで埋まり、盛況。

ブログネタ 006.jpg

メニュー。ラオス名物料理10点セットを注文。
絵に描いたような「観光レストラン」。ラオスの名物をひととおり味わえ、ラオス舞踊鑑賞。
各種ガイドブック全て、このレストランを紹介しています。
お客さんも外国人が多し。観光旅行のタイ人など。

ブログネタ 001.jpg

ラオスビールから始めます。

ブログネタ 004.jpg

ラオス料理10点セット。野菜多し。これでひととおりのラオス料理を制覇したことになるとの事。

ブログネタ 005.jpg

ビールと一緒に美味しくいただきました。一人では結構量多し。

ブログネタ 007.jpg

〆はフルーツ。紅茶もいただきました。

夜7時半からステージで舞踊ショー。席を移動して、鑑賞します。

ブログネタ 008.jpg
ブログネタ 009.jpg

ラオスの食と文化を駆け足で楽しみました。
お会計、米ドル22ドル。現地通貨に直すと、日本円で10円程度のおつりが発生するのですが、きちんと現地通貨キップで返してもらえました。

ブログネタ 023.jpg

別の日、昼間にレストランを撮影。

夕食後、散歩。本当に静かでこじんまりした一国の「首都」です。
ホテルラーオプラザ近くのマッサージに寄る。
くるくる回る椅子でフットマッサージをするものですから、マッサージにあわせて、椅子が回り、これは外れ。回る椅子以外ないなんて。。
近くのコンビニ(非常に希少)では、ユーロも米ドルも使えました。

トゥクトゥクつかまえて、米ドル2ドルでホテルまで戻れました。
posted by masastamps at 23:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。