2013年05月19日

平日限定ビジネスプラン1人利用で、皆生温泉「菊乃家」に宿泊!!

国内1人旅なら、通常ビジネスホテルでの宿泊ですが、最近は平日中心で、1人客でも宿泊できる温泉旅館が増えています。ここ、皆生温泉の老舗、菊乃家さんもその一つ。いくつか候補があったのですが、評判もよく、ネット上での情報発信も積極的なこと、お部屋が和室であること(布団で寝れる)が決め手でした。

宿泊は5月10日金曜日。米子中心部で食事を済ませ、バスで皆生温泉へ。20分くらい。
楽天トラベルで予約して、素泊まり6300円、入湯税150円で、計6450円。支払は現金のみ。
米子駅周辺のビジネスホテルの値段と大差ありません。

バスターミナルから数分で迷わず到着。陽も長くなりました。
えっ、これが格安宿泊プランのお宿?と思わせる、堂々たる玄関。
s画像 111.jpg

この写真を撮影していたら、すぐスタッフの方が、お迎えに。こういう心遣いは嬉しいですね。

「平日限定ビジネスプラン」と銘打たれていたので、部屋の鍵を渡されて終わりなのかと、勝手に想像していましたが、仲居さんに案内して頂きます。

廊下。私は402号室に宿泊しました。山陰地酒の名称が、お部屋に付けられており、ここは「三つ桜」。
s画像 121.jpg

「8畳街側」のお部屋との事でしたが、「12畳海側」のお部屋となりました。
家族利用のお部屋です。こんなお部屋を一人占めできるなんて♪
s画像 112.jpg

お茶、おしぼりもご用意いただけ、本来の温泉旅館のサービスと何ら変わりありません。
あと30分早ければ、夕暮れの風景も楽しめたそうです。
s画像 113.jpg

トイレもウオシュレット。
s画像 115.jpg

お部屋の入口周り。
s画像 116.jpg

部屋にネット設備はないので、喫茶コーナーのパソコンを短時間拝借、その後温泉へ。
この時は、貸切状態。自分が確かに男湯にいることを確認してから、入浴。
屋外も寒くないので、露天風呂も満喫しました。気持ちいい。
写真は撮れないのですが、ホームページ内で紹介されています。
http://www.kaikekikunoya.com/

布団も入浴中に敷いて頂けます。枕もとの冷水が嬉しいです。
久々にテレビ見ながら、ゴロゴロし、大きな布団で休みました。

翌日は朝風呂へ。9時半まで。あいにく曇天気味でしたが、海を眺めながらの入浴です。

部屋から海を眺めます。犬も遊んでいます。
s画像 119.jpg

10時チェックアウト後、喫茶コーナーで、コーヒーを頂きました(400円)。
s画像 123.jpg

喫茶コーナーからも、海が見えます。
s画像 122.jpg

周辺散策して、11時過ぎに、皆生温泉を後にしました。

今後は、米子駅周辺で泊まるなら、皆生まで足を伸ばして、温泉旅館に宿泊することに決定&菊乃家さんはリピート確実です。食事の評判もいいので、今度はこちらもお世話になりたいです。
今回のプランでも、オプションで朝食が付けられたら、いいかな、と思います。
posted by masastamps at 23:18| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

上海花園飯店(オークラガーデンホテル)宿泊記2!!

朝食は和中洋(バイキング)から選択可能。嬉しいサービスですね。
BLOG1236.JPG

いつもは昼頃まで寝ている場合もあるのですが、今回は別。3泊だったので、1日1種類ずつ挑戦可能ですが、結局洋食バイキング2回、和食1回頂きました。

洋食レストラン「ローズ」。外からもアクセス可能で、元フランス租界の建物内にあります。
BLOG1253.JPG

他の中国内レストランとは違い、朝食時間終了ギリギリに入っても、まあ良い対応でした。
前日の日本の新聞各紙あり。
BLOG1254.JPG

日本食も簡単なものならここでも頂けます。無難なお味。
BLOG1241.JPG

ひととおりいろいろと。野菜もたっぷり頂きました。
BLOG1240.JPGBLOG1242.JPG

こちらは2階にある日本料理「山里」。
ホテルオークラ東京の日本料理レストランと同じテナント。
新しくて、とても洗練された店内でした。
BLOG1248.JPG

上海(中国)では、日本と全く同じお味の日本料理が味わえるだけで、すごい事なんです。
温泉旅館の朝食の様。暖かいお茶と一緒に頂くと、慌しい上海でも、とてもゆったりとした気分になれます。
BLOG1246.JPG
ご飯、味噌汁おかわり自由なのも嬉しいサービス。夜も来てみたくなりました。

吹き抜けから階下を見ると、三越のショップが見えます。
BLOG1247.JPG

毎日食後はお庭を散策しました。そこそこ広く、デジカメのレンズの範囲内では、うまく撮影できず、残念。
BLOG1243.JPGBLOG1435.JPG

丁度、お庭の見える部屋だったので、上からパチリ。
BLOG1249.JPG

チェックアウトは混み合っており、ちょっと乱雑な感じで残念(中国では普通ですが)。
でも、今回の値段なら文句無くリピートします。
posted by masastamps at 22:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

上海花園飯店(オークラガーデンホテル)宿泊記1!!

1月は年初行事と、お年玉小型シート初日印押印。
2月は台北書展。そして、3月は上海出張と続いて日本国内周遊が続きます。

<今回の手配内容>
3月17日 全日空夕刻便 関西/上海浦東(ユナイテッド航空片道特典1万マイルエコノミー)
3月22日 全日空午前便 上海浦東/東京成田
3月23日 全日空国内線 東京羽田/札幌新千歳(2区間で同片道特典2万マイルビジネス)
3月27日 全日空国内線 札幌新千歳-東京羽田-岡山(同国内線片道特典6千マイル)

乗継時間の計算を間違えてしまい、関空特急に乗り継げず、急行列車で関西空港へ。
全日空チェックインカウンターへはギリギリの到着(でも、遅れていません)。
ううん、不機嫌そうな地上職員。32キロまでの荷物3個まで預入可能なのですが、内一個が重量オーバーとの事で、機内持ち込み荷物へまとめようとしたところ、こちらも計量され、もう駄目との事。
超過料金と思いきや、あと2個の預け荷物を計量してもらったところ、何れもまだまだ余裕有。いきなり、超過料金(15000円位)の話をするより、荷物の中身の移し変えを提案したほうが親切だと思うな。しかも、必死に移し変えているともういいですとの事。何だったんだろう。

BLOG1233.JPG

今は、多くの航空会社で事前チェックイン(席も選択&変更可能)ができ、搭乗券も印刷可能。
でも、味気ないです。

機内の客層も、何か違う。あっ、土曜日でしかも飛び石連休。いつもは単身か2人連れくらいのおじ様が
多いのですが、遊びに行く雰囲気の方が多いです。上海浦東空港も閑散としていました。

当然、上海のホテルもビジネス需要が中心となります。今回泊まる、花園飯店は日系の五星ホテルですが、3月17日土曜日から、20日火曜日(春分の日)までは、格安レートを設定していて、1泊980元(12500円位、税サ朝食込)でした。自分はこの期間のみ、3泊で予約を入れました(楽天トラベル利用)。
平日は2万円以上すると思います。

夜到着だったので、別の日外観を撮影。
BLOG1252.JPG

階下は、ここにあった、旧フランス租界の建物がそのまま使われていて、当時がしのばれます。
外界とは隔離された、建物と庭園が自慢です。
BLOG1250.JPG

ホテル内入口
BLOG1251.JPG

上海市中心部に位置し、地下鉄駅にも近いですが、オフィスビル中心で、夜は案外早いです。
周辺ポン引き多数で鬱陶しいかったです。

ホテルオークラ系ということで、手続きは終始日本語のみでオッケーです。
三越のショップもあり、お値段は張りますが、各種センス良いお土産も購入可能。

シングルルームのお部屋。古さは否めませんが、清潔に保たれています。
BLOG1230.JPGBLOG1229.JPGBLOG1231.JPG
ベッド横サイドテーブル脇の不自然な空間が気になったのですが、シングルなので、2個あったベッドの1個を取り外しているんですね。スーツケースなど置くのには便利ですが。

結論的には、お部屋は普通です。が、
BLOG1234.JPGBLOG1237.JPG
おしゃれかつ日本人好みの調度品。浴衣もあります。

BLOG1235.JPG
使い勝手の良い大きなテーブル(高速インターネット回線使用無料)。

BLOG1232.JPG
日本人好みのアメニティ(へちまスポンジや日本製入浴剤)。

BLOG1238.JPG
日本製ウォシュレット。

BLOG1239.JPG
浴槽周辺に物が置けて、深々とした(多分)、日本製バスタブ。シャワーも可動式。

中国の水道水は赤茶けていますが、ここでは自家製ろ過装置を使って、水を浄水しており、生水の飲用
も大丈夫だそうです。日本人が支配人だけあり、この辺のセンスや気配りはさすがです。
posted by masastamps at 19:25| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。