2012年03月07日

シェラトンホテル広島宿泊記!!

広島での切手の集い参加時に宿泊しました。
1年前の開業時は、1泊18000円位と強気の金額でしたが、何と税サ込+楽天ポイント10%還元まで付いて9000円のプランがあり、迷わず予約しました。

立地は広島駅新幹線口前。広島駅近くのホテルは、繁華街とは少し離れていますが、チェックイン前、アウト後も、荷物を預けて行動しやすいのが○です。

ブログネタ 024.jpg

車寄せ。フロントは6階(だったと思う)。
日曜日の夕方でパーティーなどが多いのか、ざわざわした感じ。

ブログネタ 025.jpg

部屋はまさに別世界。値段を見る限り、少しランクダウンのお部屋かもしれないと、悪い予感もしましたが、良いほうに期待を裏切られました。低層階(9階)なのは、格安プランなので仕方なし。

ブログネタ 026.jpg

35平米、広いです。開業間もないホテルなので、調度品はすべてピカピカ。

ブログネタ 028.jpg

ブログネタ 029.jpg

洗面台が寝室と区切られずにあるのは、ちょっと変わった感じです。

ブログネタ 027.jpg

バス、トイレは飾り気がない感じ。でも、バスルームは日本人好みの広くて深々、洗い場スペースも比較的広く、バスタブ外での体洗いも可能なほどでした。
ペットボトル入りミネラルウオーター無料。

ブログネタ 030.jpg

ブログネタ 031.jpg

お部屋の外は広島駅新幹線口。真向かいに以前からあった「ホテルグランヴイア広島」があります。
地方中心都市のホテルは、このデフレ下で、空いてるときは非常に安くなっていますね。

ブログネタ 032.jpg

これくらい大きな机だと、出張先でも作業がはかどります。
ガラスの机なので、掃除が大変そう。

ブログネタ 033.jpg

ソファー。

ブログネタ 034.jpg

寝巻き。

欠点はインターネット接続有料な事と、部屋にタウン情報誌がないこと。
でも、快適滞在の上、12時チェックアウト。この値段ならリピート必至です!!
http://www.sheraton-hiroshima.co.jp/

posted by masastamps at 22:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

台北華国大飯店宿泊記!!

サンルート台北は書展が終わる次の日、2月7日までは約半年前に予約。
滞在期間を延長したく、7日からの1泊は何とか予約可能なるも、それ以降は満室の日が多い。
最近の台湾への日本人渡航者は非常に多く、前年比25%位増加している模様。
東日本大震災に際し、物心共に多大な援助を頂いたことに対する御礼旅行も多い様です。

5分で分かる日本と台湾の関係
http://www.youtube.com/watch?v=0qfywx8vmb8

私の台北国際書展での活動は、他の媒体でも紹介されました。
http://www.peopo.org/portal.php?op=viewPost&articleId=98294

さて、あと数泊必要なので、楽天トラベルで検索していると、サンルートから徒歩5分くらいの、林森北路沿いの五ツ星ホテル、華国大飯店の空きを発見。3連泊で、2泊分の料金(税サ込1万元=約2万6千円)プラン。加えて2段階アップグレードと朝食つきとのこと。

結論から言うと、壁が薄いこと以外は、予想以上に上質なホテルでした。
部屋はリニューアルされている模様ですが、台湾の古い建物は、ここに限らず、とても壁が薄い。
隣に「日本人が」「女性2人で」「いつチェックインしたか」「何のテレビを見ているか」すべて分かってしまいました。場合によっては、会話内容も分かってしまいます。
理由を話し部屋の交換を依頼。老舗ホテルらしく、何のストレス、遠慮もなく、快く応じていただきました。ベッドルームの横がエレベーターなので、とても静かでした。次からは、ここをリクエストしたいです。

老舗ホテルらしいたたずまい。サンルートから一切合切の荷物をタクシーに積んで、到着しましたが、荷物取り出し、チェックイン、荷物の部屋までの運搬、とてもスムーズでした。勿論到着した瞬間から、全て日本語での対応。周辺地図、案内も日本語のものが充実。

ブログネタ 009.jpg

ブログネタ 010.jpg

1泊1万円にも満たないため、「2段階アップグレード」には期待していませんでしたが、ベッドルームとリビングルームが分かれている、本当のアップグレード。
こちらはリビングルーム側。廊下と隣の部屋に面していますが、寝る部屋は別のため、ここは多少うるさくても問題ありません。

ブログネタ 011.jpg

ブログネタ 012.jpg

有線インターネット無料。最後の片付け作業も、この部屋でゆったり行いました。
郵便局も近くて、日本までの小包も難なく差し出しました。
郵便局までの荷物の運搬で、ホテルのカートを借りましたが、「雨が降っているので」とのこと。
てっきり、カートが濡れるのを嫌がられたと思ったのですが、私の小包を気遣ってくださっていたのですね。

隣接してベッドルーム。隣の部屋や廊下に面していないため、静寂でとても快適。
昼まで寝ていても、廊下の人の声も聞こえず、日々熟睡できました。

ブログネタ 001.jpg

ブログネタ 002.jpg

ブログネタ 004.jpg

バスルームもバスタブ、シャワー別々にある形。

ブログネタ 003.jpg

ホテルの横にあるマッサージ店の看板。分かったような分からないような日本語。

ブログネタ 008.jpg

おしゃれなホテル備え付けの紙袋。

ブログネタ 006.jpg

近くの双城街夜市(サンルートからも近い)にはよくお世話になっていました。
毎日微妙にお店の変更があるのが、ありがたかったです。

ブログネタ 007.jpg

写真はある日の昼食。肉あんかけスープ+麺。麺は春雨や米粉にも変更できて45元(120円くらい)。隣の屋台で小龍包も頂きました。

ブログネタ 005.jpg
posted by masastamps at 18:11| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

仙台平日シングルの宿泊は大混雑!!

大阪から仙台へ出かけるのには、お安く済むパッケージタイプ(往復航空機+ホテル)を使いましたが、今回は1泊6日のタイプ。間引き運航のおかげで、パッケージタイプに放出される航空機座席の量が極めて限られていて、またホテルも前述の様な特需のため、宿泊は空いている土、日に入れることが必須(自分は宿泊が土曜日だったので幸運でした)、搭乗する航空機も行ければ時間を選ばない位の覚悟が必要です。

<今回の手配内容>
行き 6月18日 JAL4925便 伊丹仙台 13:15発14時半着
帰り 6月23日 JAL4924便 仙台伊丹 11:30発12時50分着
18日リッチモンドホテル仙台シングル1泊付で34,400円でした。

おおよそ10日前の手配で、パッケージ用の座席では、18日は朝一の便か、利用した便でそれぞれ空席1席ずつ、帰りは22日は全便満席。やむをえず23日にして、唯一1席だけ空いていた当該便を利用。
時間かつかつの仕事では使えません。普通運賃を買うか、他の交通手段を考えましょう。

<19日以降の宿泊>
19日(日) ドーミーイン仙台 5000円
20日(月) 東横イン仙台東口2号館ツイン 6980円
21日(火) ホテルJALシティ仙台 8800円
22日(水) 東横イン仙台中央ツイン 5980円

月曜日以降は何れも当日(早朝)拾った予約。直前記事乞参照。
東横インは今まで何となく遠慮していましたが、特需時でも他のホテルと比べて上限金額がそれほど高くなく、予約は難しいものの拾えれば、良心的な価格で宿泊できる印象です。
シングル需要が圧倒的なので、ツインが安く拾える可能性もあります。

最終泊の東横イン仙台中央ツインのお部屋。

ブログネタ3 067.jpg

お風呂。バスタブ、大きかったです。

ブログネタ3 068.jpg

ブログネタ3 069.jpg

外を眺めると新幹線や列車が見えるのは嬉しいのですが、音がちょっと気になります。
窓側ではなく、入口に近いほうのベッドで休みました。
翌朝は震度4の地震で目覚めました。

コストカットのためスタッフは少なく、部屋の壁が少し薄いように感じましたが、昨今の仙台での宿泊事情の中、コストパフォーマンスは抜群です。 逆に言うと、この2点以外の欠点は、特に見当たりませんでした。
posted by masastamps at 19:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。