2010年11月22日

成田全日空ホテル宿泊記

JAPEX終了日14日は池袋に宿泊。15日は成田へのアクセスに便利だと思い、上野駅周辺の宿を探すも、案外駅近くに良さそうなホテルはなし。以前宿泊したことのある、田原町の「ホテルサンルート浅草」へ。13時チェックイン、13時チェックアウトのプランで5000円。10年前頃泊まったときは、8000円弱だったので、デフレが進んでますね。長時間滞在できるプランで、仕事もはかどりました。サンルートホテルポイントも加算しなければ、失効寸前だったので、助かりました。

16日は京成電鉄で成田へ。スカイアクセス興味ありましたが、時間あり、料金もったいないので、通常の特急を利用して、京成成田駅で降車します。
17時過ぎの到着でしたが、「成田全日空ホテル」への送迎バスは18時までなく、30分以上時間をつぶします。
成田空港を利用する場合、京成成田駅周辺に新しく安価な宿が多数できていますが、スーパーフライヤーズ会員の特典を使いたいときは、全日空ホテルを利用します。

1.14時チェックイン、チェックアウト
(翌日19時のフライトのため長時間滞在希望でした)
2.のんびり朝食
(スーパーフライヤーズ会員の場合、通常2500円の朝食バイキングが無料)

バスで横付けのため、ホテル外観撮り忘れました。
http://www.anaihghotels.co.jp/search/knt/cp-narcp/index.html?sicontent=0&sicreative=5967445270&siclientid=3755&sitracking

古い建物ですが、全室リニューアル済み。
食の調達が難しい場所ですが、ホテル内にampm営業。ホテル内の食事は高いです。

最安値は7200円ですが、900円足して、ダブルルームへ。
特典を考えると、まあお安いと思います。
ネットがいまだに有料なのは解せませんが。

ブログネタ2 056.jpg
ブログネタ2 055.jpg

成田空港周辺のホテル(除京成成田駅周辺)で新しい部屋は案外少ないです。
成田開港のとき建てられたホテルがほとんどなんでしょうね。

ブログネタ2 057.jpg

バスルーム。

翌日の朝食。バイキング形式。2500円の価値は?ですが、9時ごろ行くと、
いつもすいています。
空港近くのホテルなので、早朝チェックアウトのお客さんが多いんだと思います。

ブログネタ2 058.jpg

外はあいにくの雨でした。

ブログネタ2 060.jpg

洋食。

ブログネタ2 050.jpg

和食。

ブログネタ2 051.jpg

フルーツ。

14時ギリギリチェックアウト。送迎バスで空港へ。

ブログネタ2 052.jpg

搭乗するデルタ航空ラウンジで一杯。

ラウンジも搭乗機(成田上海)もすいていました。羽田にお客さん取られているのかな?

posted by masastamps at 23:47| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

腑に落ちない「最低価格保証」

ある有名外資ホテルチェーンの直販ウエブサイトに踊る、「最低価格保証」の文言。
でも、他のホテル予約サイトからそれより安い値段を発見。
朝食の有無を除いて、すべて「同一条件」。

たとえば
1.直販webサイトから 部屋タイプは同じ、でも朝食なし 1万円
2.他のホテル予約サイトから 同上    でも朝食付き  9千円

このホテルチェーンの直販webサイトによると、もし同一条件で、他に安い料金があれば、価格を合わせて、更なる返金があるとの事。
でも、この場合、朝食付きの方が安くても、「同一条件ではない」のでこの対象外。

この調子じゃ、万一不泊の時のキャンセル料の扱い、日本での予約か他国からの予約か、部屋指定の有無等細かい違いで「同一条件」ではないと見なされ、返金を受けるのは難しそうですね。
 
ちなみに、私もこの系列のホテルを利用していた時期があり、ポイントをかなり貯めていたのですが、ある日ポイントがゼロに。小さく書かれた「ポイントは1年動きがなければ全て無効」の文字に気付きませんでした。完全な自己責任ですが、エアラインマイルにすると東南アジア往復ビジネスクラスに乗れるくらいだったので、青ざめてしまいましたが。
日本では、メールなり手紙なりでポイントの失効について通知が来ることが多く、まあ、私も日本のサービス向き、ということだと思います。

最近は外資系ホテル予約サイトでも、最低価格保証を謳ったところが出てきていますが、↑のようなホテルweb直販で最低価格保証/片や予約サイト(旅行代理店)で最低価格保証。価格が双方完全に同じにならない限り、システム自体成り立たないと思うんですが。

IMG_0013.jpg

今朝は寒かったので、午後4時ごろ近くのスーパーへ行き、今日発売の大阪プレミアム商品券を購入。この時間でも買えましたが、場所によってはすぐ売り切れたみたいです。
日曜日まで毎日割り振って販売。明日、明後日はまだ平日なので買えそうですが、マスコミが盛んに報道しているので、??です。
いつも1冊持ち歩いていると面倒なので、数枚切り取り財布へ、と思いましたが、切取無効となるので要注意です。
posted by masastamps at 18:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ソウル 新羅ホテル

先の広州旅行はソウル経由。
帰りは広州-ソウル間、アシアナ航空のフライト。

完全に満席。隣の韓国人、イヤホンの音楽、強烈な音漏れ。耳の高さは大体同じで、逃げ場もなく、結構苦痛。音量低くするよう頼んだが、その時だけで、時間たったらまた元の音量に(だと思う)。運悪し。

で、疲れてしまいましたが、この日は韓国を代表する名門、新羅ホテルに宿泊。
地下鉄でもアクセスできますが、丘の上にある(虎ノ門のホテルオークラのよう)ため、スマートにタクシーで。仁川空港からだと高いので、ソウル駅まではリムジンバス利用。
ホテルに着いてからの食料買い出しは面倒なので、コンビニでおやつや飲み物を買いホテルへ。

DSCF0274.jpg

着いたのは夜ですが、昼間に撮影。
ソウル駅から普通タクシーで5000W前後。

韓国の特1級ホテルはウオン安、それに韓国観光公社の施策も有り、一昨年あたりから手の届きやすい値段になっています。
部屋タイプ指定なし、サービスの朝食付で日本円で15,000円以下でした(正確にはよく覚えていない)。
但し、平日のみで、週末はソウルのホテル、非常に予約が取りずらい+高額です。買物なんかも人酔いするほどなので、時間に融通がきけば、平日渡韓をおすすめします。

DSCF0355.jpg

落ち着いた内装。浴衣も利用できます。

DSCF0356.jpg

違う角度から。

DSCF0358.jpg

ワーキングデスク。

DSCF0359.jpg

シャワーブースとお風呂。アメニテイはロクシタン。

荷物が多く、部屋まで荷物を運んでくれたベルマンにチップを渡そうとするも、ここはノーチップポリシー。ホテル案内にも明記されていました。

翌日はサービスの朝食付ということで、コンチネンタル式の質素なものをイメージしていましたが、ちょっとしたバイキングスタイル。温かい料理もたくさんありました。さすが新羅です。

ちなみに、隣には新羅免税店も有り、2万ウオンの金券も無料サービス。Gold VIPカードも作ってもらって、お得な気分でした。



posted by masastamps at 19:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の宿泊先 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。